2010年03月18日

最近の経営者・・・



経営者は様々です。
私が経営者として想う事は、会社として全うに経営理念や指針を実行できているところは少ないということ。
特に中小企業の経営者は考えがしっかりもてていない。

社長という名ばかりでプレーがしっかりしているところが少ない。
多くの田舎の会社の社長は(悪口ではなく)東京や大阪名古屋などでの修行期間がなく地元で育っている方が多い。

社長はやはりグローバルであるべきだと考えるのは私の持論。

なぜならば社員が地元で埋もれてしまうことになるからだ。
人の特性として自分が経験したことをよかれとして下の人間に押し付ける感覚をもっている。

よくないことだが、良いものを取り入れる。人の意見を聞くなどして
人を評価できる社長は少ない。

経営者は大きく会社を見ることが重要で、社員も大きく育てることもミッションである。
よく、信長、秀吉、家康という三者が比較されるが、それぞれの良い点は人を用い育てることが出来るということだった。

今の現代の社長にはそれをもっている方はどれだけいるのか?

裸になれ!社長といいたい。




posted by アンビ君 at 03:50| Comment(0) | 経営者について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。