2010年03月30日

派遣という選択

派遣社員という選択

これはかなり難しい。
なぜなら派遣というのはご存知の通り、サポート職だからだ。
サポート職はあくまでコアな仕事には関われない。これが非常に問題です。
しかしながら、派遣の就業形態には特定派遣と一般派遣の二つがあり、特定、つまり常用の場合は少し
メリットがある。これはあくまでエンジニアの場合であり、大手の場合に限る。
なぜなら関わる仕事が大手の一部の仕事になるが、仕事の流れや進め方は短期の間なら
勉強になる。

一般派遣の場合はデメリットとして
契約期間で何が学べるか?
何を学べるか?殆んど見通しは立てられない。正直、無駄に時間を費やすケースが殆んどです。
また一般派遣の会社は、売上重視の会社が殆んどであり人材の質に関しては殆んど観れない会社ばかりです。

なので、派遣という選択は若いときには有効ではあるが、
年齢を重ねると難しいという結論になる。
特定派遣の場合でさえ、大手の仕事という限定されたことが条件だが
本当に自分のスキル、能力を身につけるのではなく、伸ばしたいのなら
若いときにエンジニアの特定はけんならお奨めだが、それ以外は選択する余地はない。

スキルと能力の言葉の意味を十分に汲み取らないと難しいのです。

posted by アンビ君 at 02:23| Comment(0) | 派遣という考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。